ドライヘッドスパ専門店「癒し〜ぷ」全国に16店舗展開!

店舗の空きスペースに間借りでヘッドスパ専門店!シェアスペースやシェアサロンに癒し〜ぷがおすすめ

「店舗に空きスペースがあるけど上手く活用できてない」
「空きスペースをどんな事業で収益化できるか分からない」
「残っているスペースが狭いから活用方法が分からない」
「空きスペースを活用したいけど新規ビジネスを事業計画する時間がない」

このような悩みを抱えておりませんか?

この記事では、店舗の空きスペースを収益化するために最適な「間借りビジネス」について紹介していきます。

また、初期費用を抑えて開業できる「ドライヘッドスパ専門店 癒し〜ぷ」のFC加盟の可能性についても解説していきます。

間借りでの出店は癒し〜ぷがおすすめ

現在、出店中の店舗の実績から「癒し〜ぷ」の業態が間借りとの相性が良く、経営モデルとして最適であることが分かってきています。

本項では、お客さまからのクチコミもかなり好評で間借りビジネスとして成功した沖縄具志川店と柏店を紹介していきます。

フトン巻きのジロー併設沖縄具志川店

こちらの店舗は、布団が洗えるコインランドリーに併設しています。

現在は、コインランドリーの店舗内に癒し〜ぷの入り口があり、扉を開けると1席のみの個室型サロンになっています。

空きスペース活用前

元々は、空きスペースに20分100円のマッサージチェアが1台だけ設置されていました。

下の写真は、個室型サロンに改装する前の空きスペースの活用状況です。

空きスペースとしては広くないですが、マッサージチェアを置くだけでは少しスペースが余っている印象です。

空きスペース活用後

マッサージチェアを設置していた空きスペースを増設せずに個室型サロンとして有効活用しました。

個室型サロンに転換したところ空きスペースをフル活用することができました。

個室型サロンにしたところ、20分100円のマッサージチェアを設置していたときと比べて売上は40倍になりました。

「癒し~ぷ 沖縄具志川店」のドライヘッドスパのメニューは、3,500円〜11,500円まであります。

マッサージチェアをドライヘッドスパサービスに変えることで、単価が格段に上がり売上も大きく伸ばすことができました。

狭い空きスペースですが、癒し〜ぷのようなドライヘッドスパの業態では有効活用することができます。

店名ドライヘッドスパ専門店 癒し~ぷ 沖縄具志川店
住所沖縄県うるま市江洲398 
アクセス沖縄都市モノレール線 首里駅 徒歩252分
バス停 江州 徒歩2分
店舗HPドライヘッドスパ専門店癒し〜ぷ
ホットペッパーで予約する

ホワイトニングカフェ併設の柏店

こちらの店舗はホワイトニング専門店と併設しています。

このように「癒し〜ぷ」と「ホワイトニング専門店」が同じ入り口となっています。

もともとホワイトニング専門店のみで営業していましたが、空きスペースを活用して癒し〜ぷを開業した事例です。

施術用のリクライニングシートを2台設置することで、空きスペースを有効活用できました。

店名 ドライヘッドスパ専門店 癒し~ぷ 柏店
住所千葉県柏市柏4-5-12
越川ビル201A 
アクセス柏駅 徒歩5分
店舗HP癒し~ぷ 柏店|ホットペッパービューティー (hotpepper.jp)

シェアスペースとして有効活用

シェアスペースとして収益化するビジネスは「シェアオフィス」や「貸し会議室」などは定番です。

しかし、現在経営している業態や地域の特性・立地などとマッチするビジネスを考えなければ思うように収益が上がりません。

そのため、本項では「間借りビジネス」についてやどのように余った店舗スペースを具体的にどのように収益化するのかを解説していきます。

シェアスペースとして有効活用
  • そもそも間借りビジネスとは?
  • 余った店舗スペースはシェアスペースで収益化

そもそも間借りビジネスとは?

「間借りビジネス」とは営業中の店舗の使っていない空きスペースを活用して別のサービスや商品を販売する形態を指します。

空きスペースを活用して収益ポイントを増やすことができれば、事業の安定化にも繋がるのでオススメです。

余った店舗スペースはシェアスペースで収益化

シェアスペースで収益化できると家賃比率が下げられます。

「家賃比率」とは「売上に対する家賃の比率」のことを言います。
安定経営を目指すのであれば、家賃比率は10%以下を達成するのが理想です。

空きスペースにも家賃はかかっていますが、余ったスペースを収益化することで家賃比率を下げることができます。

家賃は事業が続く限り永続的にかかる固定費なので、シェアスペースなどで有効活用していくことも検討しましょう。

間借りビジネスの3つのメリット

前章では、「間借りビジネス」の特徴を解説しました。

この章では、集客力や開始資金、既存の店舗との相乗効果などの「間借りビジネス」の3つのメリットを解説していきます。

間借りビジネスの3つのメリット
  • 初期費用・固定費を削減できる
  • シェアサロンとしてのスタートは事業拡大へのステップに最適
  • 相乗効果で効率的な集客が見込める

初期費用・固定費を削減できる

新しく店舗を借りて開業しようとすると初期費用が大きな負担になります。

また、空きスペースを活用する場合は、固定費として大きな部分を占める賃料もかかりません。

初期費用や固定費を削減できると、広告費などの集客費用に回すこともできます。

シェアサロンとしてのスタートは事業拡大へのステップに最適

間借りビジネスとしてスタートする場合は、小資金でスタートできます。

ビジネスは、なるべく小さく始めて見込み客の反応を確かめ、売り上げが伸びてきてから拡大すると失敗しにくいです。

そのため、開業して新規事業を大きくしていきたい方もまずは、空きスペースを活用してスモールスタートすることをおすすめします。

相乗効果で効率的な集客が見込める

現在営業している店舗自体に集客力があると、シェアサロンへの集客がスムーズです。

また、すでに営業している店舗の業態と間借りビジネスをする業態の相性が良いと相乗効果を生み出すことができます。

例えば、美容系サロンを運営している場合は、シェアサロンとして開業したドライヘッドスパ店と相互に送客することが比較的容易にできるでしょう。

また、現在営業している店舗の顧客層と違った顧客層を獲得することもできるため、店舗間で相乗効果が生まれます。

このように空きスペースを低コストで活用することで効率的な集客をできるようになります。

間借りビジネスの2つのデメリット

ここまでメリットをお伝えしてきましたが、「間借りビジネス」にはデメリットも2つあります。

それぞれ解説していきます。

間借りビジネスの2つのデメリット
  • 空きスペースが狭いと選択肢が限られる
  • 内装費がかかる

空きスペースが狭いと選択肢が限られる

空きスペースが狭いと開業できる業態も限られてきます。

それによって選択肢が狭まるため、開業したい業態で「間借りビジネス」が実現できないことも多くなります。

また、スペースが狭いことによって自分が表現したい内装が実現できない場合もあります。

内装費がかかる

「間借りビジネス」は低コストで開業できるといっても最低限の内装費はかかります。

業者に内装工事を頼むと10万円〜80万円ほどかかることもあります。

理想の内装を実現させようとすると、その分内装費はかさんでしまいます。

そのため、壁紙やフローリングなどは、できるだけDIYショップなどで揃えることも検討しましょう。
また、棚は木目調のおしゃれなカラーボックスなどで代用することで雰囲気を出すこともできます。

「癒し〜ぷ」で間借りをするメリット

「癒し〜ぷ」は、頭と心の癒しがテーマのドライヘッドスパ専門店です。
現役看護師が考案した独自の技術で、自律神経のバランスを整えながらリラックスした状態を作ります。

また、最低限の坪数で運営ができ、固定費を抑えて開業できる業態なので「間借りビジネス」と相性が良いビジネスモデルです。

こちらでは、「癒し〜ぷ」で間借りビジネスをするメリットを紹介していきます。

「癒し〜ぷ」で間借りをするメリット
  • 小スペース・低コストで開業できる
  • 資格いらずで開業できる
  • まだ出店可能場所が多くある
  • 検索が10年間伸び続けている
  • 最新のマーケティング技術が習得可能

小スペース・低コストで開業できる

ドライヘッドスパを専門とする「癒し〜ぷ」では、小スペースで開業できます。

大掛かりな設備工事なども不要で低予算で開業できるので、シェアサロン型の開業と相性が非常に良いです。

さらに、「癒し〜ぷ」では、FC加盟金を含めて初期費用400万円以下でスタートすることができます。

経営未経験・業界未経験でも開業できる

「癒し〜ぷ」にFC加盟をすることで、本部の経営ノウハウやマーケティング戦略を活用できるため、未経験者でも開業のハードルは下がります。

都内を中心に全国展開している「ドライヘッドスパ専門店 癒し〜ぷ」は、フランチャイズ開始半年で新宿・池袋・東村山・柏・我孫子・藤沢・鎌倉・京都・沖縄・高知の11店舗をオープンしました。2022年11月には12店舗目である高田馬場店がオープンしました。

また、「あたまとこころに極上の「癒し」を与え最高の休息を」をテーマにSNSでも4万人のフォロワーを突破したSNS集客にも非常に強いヘッドスパ専門店です。

癒し〜ぷが急速にFC展開ができている理由は、本部がSNS・インフルエンサーマーケティングを積極的に導入しているためです。

FC加盟することで、ヘッドスパによる売上が見込めるだけでなく、本部からSNSマーケティングの知見を得ることもできます。

その結果、1号店オープンから半年ほどで12店舗も全国に展開できたのです。

資格いらずで開業できる

ドライヘッドスパは、整体や鍼灸院と違って国家資格は必要ありません。
そのため、誰でも起業・開業しやすいのが大きなメリットです。

もちろん、専門の知識や技術は必要になりますが、大学や専門学校で学ぶよりお金・時間がかかりません。

ヘッドスパを学ぶには、癒し〜ぷのドライヘッドスパスクールがおすすめです。
ドライヘッドスパの技術だけでなく、お客様に癒しを与えるためのコミュニケーションなども合わせて学ぶことができるため、開業したい方にはピッタリです。

スクールのおすすめポイント
  • 最短3日間で学べる
  • 修了後すぐにメニューに加えられるほど実践的なスキルを学べる
  • 解剖生理学に基づいた安心・安全な技術
  • 最大3人の少人数クラス
  • 業界トップのコストパフォーマンス

▼ドライヘッドスパスクールについての詳しい解説はコチラ▼
>>【最短3日】癒しヘッドスパニストスクール『癒し〜ぷ』の技術を学びませんか?

まだ出店可能場所が多くある

ドライヘッドスパで得られる効果は、現代人のニーズにマッチしており、これから先も需要が見込めます。

それに対し、ドライヘッドスパ専門店の店舗数はまだ少ない状態です。

2022年現在でも場所によっては競合が少なく、まだまだお客様がリピートしてくれる可能性が十分にあります。

検索が10年間伸び続けている

今、需要が伸びているヘッドスパ。

「癒し〜ぷ」は専門店かつ完全個室で施術を受けられるヘッドスパ界隈注目の新ジャンルです。

そして、「癒し〜ぷ」は男性をメインターゲットにドライヘッドスパ、フェイシャルエステ、オイルマッサージや鼻毛ワックス脱毛を提供しており、働き盛りの男性に強く支持されているサービスです。

ヘッドスパ業界は、Googleやホットペッパービューティで検索数が10年間継続して伸び続けている業界でもあります。

市場規模が拡大しているということは、今後も売上高や利益が伸びていく可能性が高いです。

右肩上がりで伸びている業界を選定することで、事業の成功確率を格段に上げることができるので事業選定において重要なポイントです。

最新のマーケティング技術が習得可能

「開業しても集客できるか不安」という方も多くいらっしゃいます。

「癒し〜ぷ」では、オーナー向けのSNS運用研修があるため、SNS集客のノウハウがないオーナーさんでも安心して習得することができます。

また、加盟店間で集客のノウハウ共有も行っているため、SNS集客以外にも随時アップデートされた最新のマーケティング技術を吸収できます。

具体的には、Instagram、TikTok、Twitter、広告運用、公式LINE運営、MEOなどのマーケティングノウハウを学ぶことができます。

※MEO=Map Engine Optimization(マップエンジン最適化)。地図検索で上位を目指すための対策です。 MEO対策で具体的に行うのは、Googleマップ上での検索順位をアップさせる施策です。

>>【癒し〜ぷ】FC加盟でヘッドスパ専門店開業の6ステップ!失敗しない戦略も解説

癒し〜ぷは間借りビジネスと相性抜群

今回は、「間借りビジネス」の成功例や開業のメリット・デメリットを解説していきました。

間借りスタイルのビジネスは、遊休資産を活用しつつ、スモールスタートでビジネスをテストできるメリットもあります。
特に小スペースかつ低コストで開業できる「癒し〜ぷ」では、間借りビジネスとの相性は抜群です。

この記事を読んで、少しでも「癒し〜ぷ」での開業に興味を持っていただいた方はぜひLINE登録もお願いします。
現在、「癒し〜ぷ」のLINEに友達追加をするとFC加盟の資料や最新のマーケティング研修動画もご覧いただけますので、是非ご登録ください!

癒し〜ぷのLINE登録で手に入るもの
  • 癒し〜ぷFC加盟の資料
  • ホットペッパービューティー攻略会議動画
  • スタッフマネジメント会議動画
  • FCオーナー面談動画
  • Instagram運用マニュアル
  • TikTok運用マニュアル

LINEで資料請求をする(無料)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です