ドライヘッドスパ専門店「癒し〜ぷ」全国に11店舗展開!

30代からでも遅くない!男性も美容貯金を始めて実年齢より若く見えるメンズになろう

「最近、髪の毛が抜ける量が多くなってきた。」
「前に比べてお腹が出てきた・・・」
肌のハリがなくなったように感じる・・・」

このように感じることはありませんか?

20代の頃に比べ、30代以降になると「あれ?ちょっと老けてきたかも…何かスキンケアや美容をしたほうがいいのかな?」と見た目を意識し始める男性が多いのではないでしょうか?

今回は男性美容に興味を持ち始めたけれど、何をしていいかわからない人に向けて普段の生活に取り入れやすい美容ケアやアイテムをわかりやすく解説していきます。

美容貯金とは

「美容貯金」とは加齢や老いに備えて、普段からコツコツと美容ケアを実施することです。

また、毎月の必要経費としてエステや美容院、化粧品代として予めコツコツと貯金することを「美容貯金」とも言えるでしょう。

美容は健康と密接に関わっていることから美容に気をつけることが健康維持にも繋がります。

健康状態はそのまま肌や髪などの見た目にも大きく影響します。

また、人生100年時代と言われるように長寿化が進み、見た目に気をつけ、若々しく人生を重ねていきたいという人も増えています。

近年メンズ美容のニーズが高まり、男性向けのエステサロン、ヘッドスパ、脱毛、日傘や化粧品など多くの商品を見かけるようになりました

「男性が美容なんて・・・」

という時代から

男性も美容が当たり前

という時代へ確実に変化しています。

美容貯金を減らす3つの原因

ここでは美容貯金を減らす3つの原因をみていきます。

美容貯金を減らす3つの原因
  • タバコ、喫煙習慣
  • 過度な飲酒
  • 過度なストレス

ぜひこの3つを意識して日頃の生活習慣を見直してみましょう!

タバコ、喫煙習慣

タバコは美容の大敵です。

美容だけでなく、健康にも悪影響を与え、発がんリスクを高める原因となります。

例えば肌によいとされるビタミンCを取るためにサプリメントや化粧品などでケアをして「美容貯金」を行ったとしてもタバコを吸うことで、体内のビタミンCが破壊されすべての努力が無駄になってしまいます。

喫煙のリスクを知り、禁煙外来など医療機関を利用して、健康そして美容の大敵であるタバコから卒業しましょう。

過度な飲酒

飲酒をすると、膵臓と肝臓の粘膜にダメージを受け、肌にも影響します。

脱水症状になり、肌の潤いが奪われます。

飲酒習慣がある人は乾燥のダメージでシワが多く、10歳以上も老けて見えてしまうのです。

それ以外にも肌の炎症、くすみ、目の周りに色素沈着を引き起こすことがわかっており、アルコールを摂取すると細胞へのダメージや早期老化の可能性が高まると言われています。

飲酒は強力な抗酸化物質である肝臓内にあるビタミンAの蓄積量を減らします。

また、ビタミンA 以外にも飲酒をすることで体内に取り入れた様々な栄養素が失われると言われています。

日頃からコツコツと美容ケアをして美容貯金を増やすようにしていても、お酒を飲むことでせっかくの努力が無駄になってしまいます。

過度な飲酒は控えましょう。

過度なストレス

ストレスによって自律神経の乱れが生じ、肌細胞の周期が乱れ、肌荒れやニキビ・吹き出物など肌トラブルの原因となります。

また、ストレスにより体内に活性酸素が発生します。

活性酸素とは、体内で発生して細胞などにダメージを与え、身体を酸化させてしまう物質のことです。

活性酸素はストレスや紫外線などの要因でも発生しますが、通常は体内の抗酸化作用によって抑えられています。

しかしこの抗酸化作用は20代をピークに弱まり、加齢とともに活性酸素が発生しやすくなっていくのです。

ストレスを完全になくすことは難しいですが、以下の生活習慣を心がけ「美容貯金」として取り組むことで肌荒れを防ぐことができます。

ストレスを貯めないために
  • 規則正しい生活
  • 適度な運動
  • 趣味やストレス発散法

また、肌荒れに効果的なビタミンB群を補給するのもいいでしょう。

美容貯金の効果で若く見える男性の5つの特徴

年齢に関わらず、いつまでも若々しく見える男性には共通する特徴があります。

ここからは5つの特徴についてみていきます。

若く見える人は日頃から加齢や老いの対策を行い、美容貯金を行っていると言えるでしょう。

肌が綺麗

第一印象で相手の印象に残るのは「顔」

中でも肌の印象は若さを決定する大きなポイントです。

若いころはハリやツヤのある肌でも加齢とともにトラブルや悩みも増えてきます。

肌は何を食べたかで決まると言っても過言ではないくらい食生活が重要です。

ジャンクフードやお菓子、コンビニ食ばかりだと健康面はもちろん、肌にも悪影響を与えます。

栄養バランスを考え、必要な場合はサプリメントを上手に取り入れ、規則正しく、食事を取るようにしましょう。

またも重要です。

寝ている間に成長ホルモンの分泌が始まります。

加齢により成長ホルモンの分泌が徐々に少なくなりますが、睡眠不足・浅い眠りを続けることで、成長ホルモンの分泌を妨げる原因になっているのです。

髪の毛にコシがある

年齢を重ねるにつれ、髪のボリュームが減り、1本1本の髪の毛自体が細くなります。

また抜け毛が始まることで、生え際が気になったり、頭皮が見えてくることを気にする男性は非常に多いです。

頭皮の毛穴が詰まっていると健康な髪が生えにくくなります。

シャンプーをするときには、きちんと泡立てて頭皮を洗うように意識し、すすぎをしっかりと行います。

また、髪が濡れたまま長時間そのままにしたり、乾かさずに寝ると摩擦により髪が非常に痛みます。

必ず髪をしっかり乾かしましょう

自宅のケアでは落とせない毛穴の汚れや詰まりはプロの力を借りてヘッドスパなどを利用することで、まさに将来への投資となる「美容貯金」を行うことができます。

今から健康な髪をキープできるよう、コツコツと行いましょう。

人の第一印象の7〜8割は『髪型で決まる』と言われています。

髪の毛にコシやハリ、ボリュームがあることで若々しく、ヘアスタイルに制限がなくなることでオシャレな印象を与えることができます。

無駄な贅肉を付けることなく体型をキープしている

若く見える人は無駄な贅肉がなく、筋トレやスポーツを行ったりしています。

食生活の乱れがなく、スタイルをキープできているのも特徴のひとつです。

多くの人は加齢とともに、脂肪がつきやすくなり、体型が変化します

特に男性はワイシャツやスーツのシルエットから見える贅肉がたっぷりのったお腹は、一瞬で年齢を感じさせます。

若く見える人は、若いときの体型を維持しています。

そのため、久しぶりに会った時に「若い時と変わらない・いつまでも若い」という印象を与えることができるのです。

清潔感がある

清潔感はとても重要です。

年齢による老いは誰しもが肌や髪にあらわれてきますが、「肌が綺麗」「髪にコシ、ボリュームがある」「無駄な贅肉がなく、スタイルを維持している」というのはまさに清潔感に繋がります。

清潔感はまさに日々のメンテナンスや生活習慣の積み重ねです。

食生活適度な運動十分な睡眠を基本とし、髪や肌、ニオイの対策を行うことが重要です。

美意識が高い

年齢に関係なく容姿に気を配り、美意識が高く、流行や若い世代のトレンドを知ろうとしたり、様々な世代と交流がある人は清潔感があり、若々しく見えます。

他人から見た自分を客観視できる人は、自分にあった髪型や服装、立ち振舞いを心がけている人で

他者と交流をもち、コミュニケーションを積極的に行い、社会参画を意識している人は常に現役感をまとっています。

同年代の男性が「見た目なんてどうでもいい」と他人の目を気にせずに過ごしていくのとは反対に、若々しい存在感が際立ち、印象のよい人としての影響を周りに与えることができます。

美容貯金を増やす具体的な方法

「美容=手がかかる、めんどくさい」

「意識高い人がやるもの」

と思っていませんか?

実は美容に気をつけ、今からできる対策を行い、美容貯金を増やすことは健康対策にもつながります

ここでは自宅で簡単にできる対策や、最近美容に興味を持ち始めた方に向けて、気軽に受けられるフェイシャルエステやヘッドスパをご紹介します!

メンズ日傘と日焼け止めでUVカット

家の中やオフィスの中にいるときは、直接日差しを浴びていないから大丈夫と思っていませんか?

屋内にいたとしても紫外線は1年中降り注ぎ、ダメージを与えています。

紫外線はあらゆるトラブルを引き起こすことがわかっています。

紫外線が肌に与える悪影響
  • 肌の炎症、黒化
  • シワ・たるみ
  • シミ・ソバカス

紫外線は日ざしを浴びた数時間後に、肌に赤く炎症を起こしメラニンを増加させ、シミ、そばかすの原因になります。

赤く炎症を起こした肌はやがて黒く変わります。紫外線を繰り返し浴び続けることでシワ、たるみの原因にも繋がります。

近年、日本の夏において酷暑が続いており、メンズの日傘が流行しています。

女性は約8割が日傘を使用するのに対し、男性の2人に1人が日傘を使っているというデータも出ています。

肌トラブルや加齢防止のメリットだけではなく、何より暑さや熱中症対策としての効果が高、強い日差しを日傘で遮ることで、体への疲労度も変わってきます。

とは言え、”男性が日傘を持つときの見た目”を気にする人も多く、日傘を持つハードルは高いですよね。

ここでは気軽に購入しやすいUNIQLOの日傘をご紹介します!(¥1,990)

コンパクトで軽く、雨用兼用の折りたたみタイプなので1つかばんに入れておくと便利です。

色は男性でも持ちやすいベーシックな黒やベージュ、紺でかつ無地なので、柄やデザインを気にしなくていいのが嬉しいですね。

また、日傘をさすだけではなく、日焼け止めを肌に直接塗ることであらゆる角度から降り注ぐ紫外線に対応することができます。

日焼け止めはこちらがおすすめです。

1,000円以内でAmazonや身近なドラッグストアで購入できます。

ニベアメン UVプロテクター 40ml 男性用 日焼け止め

炎天下でのスポーツに。強烈紫外線までカット。汗や水にも落ちにくい。SPF50+ PA++++。

・強烈紫外線までしっかりカット。 レジャーやスポーツ時など日差しの強い時も紫外線からきちんと肌を守る。

・高い耐汗性を実現。汗をたくさんかいても、落ちにくい。

・皮脂吸着成分セリサイトアパタイト(マイカ、ヒドロキシアパタイト、酸化亜鉛)配合。

皮脂によるテカリ、ベタつきを長時間抑える。

Amazon

水を1日1.5L以上飲む

人間の体重の何%が水分でできているか知っていますか?

個人差はありますが、実は人間の体の約60%は水分といわれています。

体を構成する水分の割合は年齢によって変わってきます。

生後の赤ちゃんで約80%、成人で約60%、高齢者では約50%と、年齢を重ねるにつれて徐々に割合が低くなっていくといわれています。

健康な成人の場合、1日の生活で平均2.5リットルの水を消費しています。

汗や尿、また汗をかかなくても皮膚や呼吸を通して排出されています。

およそ1リットル程度は、食事を摂ることや体内で作られると考えられますが、残りの1.5リットル程度を、飲み物として摂取する必要性があります。

を摂取することでビタミン、炭水化物、タンパク質は適切に分解され、体内に存在する栄養素が細胞に浸透します

水を飲んだあと、毒素は排除されます。

免疫力がUPし、皮膚につやが出て、筋肉を作り、脂肪を燃やすことに繋がります

一気に1.5L以上の水を飲むのは大変なのでこまめに分けて摂取しましょう。

自分の肌状態を知った上で対策する

朝起きて鏡に映る肌のコンディションを毎日チェックしていますか?

睡眠不足や食生活の乱れ、また季節によっても肌の状態は変化します。

例えば男性の場合、髭を剃ってカミソリ負けをして赤みなどが出る場合は肌が敏感になっているため、敏感肌用のものを使いましょう。

夏は汗をかきやすいため、ベタつくのが気になる人は化粧水や乳液をさっぱりタイプにするのもおすすめです。

逆に冬は空気が乾燥し、肌も乾燥しがちです。

化粧水や乳液をしっとりタイプにしたり、クリームを最後に塗ることで肌のトラブルを防ぐことができます。

肌の状態に応じて、使うアイテムを変えたり、足したりするとよいでしょう。

化粧水、乳液を正しく使用する

「化粧水乳液は両方とも洗顔後につけるのだから、順番は関係ないのでは?」と思っている人はいませんか?

実は化粧水乳液は正しい順番で肌につけることで効果が変わってきます。

せっかく同じものをつけるのであれば最大限の効果を発揮したいですよね。

化粧水と乳液の特徴をおさえて、正しい順番で使用しましょう!

正しい順番は洗顔後に、「化粧水→乳液」です

化粧水で補給した水分を、乳液の油分でフタをし蒸発を防ぐためです。

ただし、ブースターの役割を果たす導入乳液の場合は例外で、化粧水の前に使います。

手とコットンどちらでつけるのがいいのか迷う人が多いですが、両方にメリットとデメリットがあり、好みで選んで構いません。

・手でつける場合

肌刺激やコスパの面では手でつける方がおすすめです。

肌摩擦しにくく、使用量が少量で済みます。

清潔な手でつけることが大切です。

・コットンを使う場合

化粧水と乳液で別のコットンに替えるようにし、ヒタヒタになるまで十分に乗せてから使うようにしてください。

肌にコットンでなじませるときはゴシゴシとこすらず、優しく肌の上になじませます

フェイシャルサロンでプロにメンテナンスしてもらう

美容のことは美容のプロにおまかせ!

メンズエステにおいて圧倒的知名度で安心感があるダンディハウスがオススメです!

メンズエステが初めての人も行きやすい男性のフェイシャル フェイススリムメニューをご紹介します。

筋肉を徹底的に意識したダンディハウス独自のトリートメント。

肩、首、胸元からコリをほぐし、顔全体をスッキリと引き締めていきます

初回価格¥7,700とリーズナブルなので初めてでもお試ししやすい価格なのも嬉しいですね。

ダンディハウスで受けられる施術
  1. 毛穴につまった汚れをおとす(クレンジング)
  2. 肩、首、デコルテのコリをほぐす(デコルテケア)
  3. たるみをほぐしてスッキリ(顔のトリートメント)
  4. たるみを引き上げリフトアップ(リフトアップトリートメント)
  5. 首までしっとり保湿(美肌・保湿パック)
  6. ツヤツヤ潤い仕上げ(しっとり仕上げ)

ダンディハウスでエステ体験する

ヘッドスパで頭皮をメンテナンスする

ツヤ、ハリ、コシがある若々しく、健康的な髪を最短で手に入れたいのならヘッドスパでのお手入れが効率的でオススメです。

頭皮のケアだけでなく長いPC作業やスマートフォンを使うことで生じる目の疲れや首、肩の疲れを同時に癒やしてくれるのがヘッドスパ

ヘッドスパを受けるなら関東を中心に続々とオープンし、全国展開する癒し〜ぷでのヘッドスパがオススメです!

ドライヘッドスパでじっくりマッサージを受けながら、アロマの香りや明かりで癒しの空間も提供!

『あなただけの特別な空間』をテーマに1席だけの貸切プライベートサロンなので、他の人を気にせずゆったりと過ごせます。

美容貯金を始めて若いと言われる姿になろう

美容は女性がするイメージから男性も美容を行うのが一般的になりつつあり、以前に比べ男性の美容に対する意識が非常に高まっています。

年齢にかかわらず若く見られることは 何よりも第一印象が良くなり、仕事やプライベートにもメリットがあり対人関係が向上します。

まずは清潔感や身だしなみを意識して日頃の生活習慣を見直し、今からコツコツと将来に向けて美容貯金を行いながら自分の肌や髪など、見た目に気をつけてできることから取り入れていきましょう。

肌のお悩みを抱えている男性のあなたには、癒し〜ぷのメンズフェイシャルもおすすめです。

いまや男性もお肌のケアをすることが当たり前の時代、マスクを外したときに綺麗なお肌だったら今よりさらに自信を持てるようになります!

癒し〜ぷのメンズフェイシャルでは、男性の肌の悩み2トップのニキビ毛穴のケアどちらも対策ができます。

展開中のフェイシャルメニュー
  • 角栓・毛穴ケアピーリング(AHAピーリング)
  • ニキビケア美容液導入(イオン導入)

詳しくは癒し〜ぷ公式HPで見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です