大好評!ギフトにもおすすめ「ホットアイマスク」の購入サイトはこちら

NELL(ネル)マットレスの厚さを徹底解説!あなたに合う適切なサイズとは?

「NELLマットレスの厚さはどれくらい?」「自分にあった厚みのマットレスがほしい」とお悩みの方がいらっしゃるのではないでしょうか。

マットレスの厚みは寝心地だけでなく、お手入れのしやすさにも関わります。

NELLマットレスは厚みは21cmではあるものの体圧分散に優れた機能性があるため、快適な寝姿勢とお手入れしやすさの両立を目指せることが特徴です。

この記事では、NELLマットレスの厚さマットレスの厚みごとの特徴を解説します。

NELLマットレスの厚みについて、不安を感じている方はぜひ参考にしてくださいね。

整形外科
古屋 智之先生

1983年 東京都生まれ
2008年 聖マリアンナ医科大学医学部医学科 卒業
2010年 聖マリアンナ医科大学整形外科 入局
保有資格:日本整形外科学会専門医,整形外科スポーツ医,医学博士
所属学会:日本整形外科学会
運営店舗:女性専用24時間ジム アマゾネス,癒し~ぷ用賀店

この記事の監修者
平山 朋和
上級 睡眠健康指導士

寝具や睡眠の資格を多数所有。良質な睡眠をとるための方法を広く普している睡眠アドバイザー。 【保有資格】 上級 睡眠健康指導士 睡眠環境・寝具指導士 寝具ソムリエ

厚さ30cm未満のNELL(ネル)マットレスはおすすめ

分厚いマットレスとは、一般的に厚み30cm以上を指します。

NELLマットレスの厚みは21cmであり、一般的な認識でいえば分厚いマットレスではありません。

ロールちゃん
ロールちゃん

分厚くなければ寝心地が良くなさそうに思えるんだけど……

寝心地ももちろん大切ですが、分厚いマットレスにはメリットだけでなくデメリットもあります。

メリット・耐久性が高い
・弾力性がある
・アレルギー対策ができる
デメリット・重量がある
・値段が高い
・湿気が溜まりやすい

分厚いマットレスを快適に使用し続けるには高頻度のメンテナンスが必要です。

しかしマットレスの厚みと重量は比例するため、メンテナンスを負担に感じる可能性があります。

特に重量が増しやすいコイル式のマットレスは、そこまで分厚くない方がお手入れしやすい傾向にあります。

そのため、厚み21cmでコイル式のNELLマットレスは、機能性とお手入れしやすさの両立を図れるほどよい厚みです。

期間限定で全サイズ15%OFF実施中!

今すぐNELL マットレスの詳細を見る

今なら『 先取りサマーSALE 』でNELLマットレスが全サイズ15%OFF!

クーポンコード「sakidorisummer2024
※期間:2024年5月24日(金) 12:00~6月30日(日) 23:59

ロールちゃん
ロールちゃん

今なら『 先取りサマーSALE 』で全サイズ15%OFFで買えるよ!

クーポンコードは必ず入力してね!

マットレスの厚さごとの特徴

ここからは、マットレスの厚さごとの特徴を解説します。

ロールちゃん
ロールちゃん

特徴を知って、自分にあったマットレスを選んでみよう!

厚さ10cm以下のマットレスの特徴

厚さ10cm以下のマットレスは、メンテナンスの負担を軽減したい方におすすめです。

持ち運びしやすいため、マットレスを移動させるときの負担を軽減できます。

その他にも、体重が軽い子ども用のマットレスにもおすすめです。

ただし、厚さ10cm以下のマットレスは標準体型の大人が使用すると底付きを感じる可能性があります。

よって、厚さ10cm以下のマットレスがおすすめなのはあくまでも限られた環境下となります。

厚さ10cmのマットレスの特徴

厚さ10cmのマットレスは、一般的な価格帯のマットレスです。

直置きしたとしても、底付き感が生じにくいのが厚さ10cmからとなります。

マットレスの直置きはOK?

マットレスを直置きするデメリットは、通気性の悪さによって湿気が溜まりやすいことです。

カビが繁殖しやすいため、快適に長期間使用したい場合にはマットレスの直置きは控えましょう

また商品によっては、折り畳むこともできて収納性にも優れています。

厚さ10cmのマットレスなら、一定条件での快適な寝心地とお手入れのしやすさを両立することが可能です。

厚さ15cmのマットレスの特徴

厚さ15cmのマットレスは、10cmだと底付き感を感じる人におすすめです。

ボリューム感によって、体重が重たい人や寝心地にこだわりたい人にも快適な寝心地に感じられる傾向にあります。

快適な寝心地が期待できる一方で、マットレスの重量が重くなり始めるのも厚さ15cm程度からです。

素材による差異はありますが、厚さ15cmのマットレスの平均的な重さは15~20kgです。

カビの繁殖を予防するために定期的な除湿が必要ではあるものの、女性やご高齢の方からすると厚さ15cmのマットレスを移動させる作業は負担に感じる可能性があります。

厚さ15cmのマットレスは多くの人が快適な寝心地に感じる可能性がありますが、力が弱い人だと定期的なメンテナンスで負担に感じる可能性が高いです。

厚さ~18cmのマットレスの特徴

厚さ18cm程度のマットレスは、一般的なウレタンフォームのマットレスだとかなりボリューム感があるタイプです。

コイルが内臓されているスプリングマットレスの場合、最低限の厚みとなります。

スプリングマットレスはコイルがつなぎあう構造になっており、弾力性・通気性・耐久性に優れることが特徴です。

18cmはスプリングマットレスだと最低限の厚みなため、人によってはコイルが身体に当たる感触が気になる場合があります。

また厚さ18cm程度のマットレスは、重さが18kg程度になることも珍しくありません。

厚さ18cm程度のマットレスは素材次第で快適な寝心地が期待できるものの、重量が本格的に増加します。

力のある人でなければ移動や持ち上げが困難になるため、厚さ18cm程度のマットレスを導入するならすのこベッドや布団乾燥機を用意して使用しましょう

ロールちゃん
ロールちゃん

持ち上げなくても済むようにしよう!

厚さ~20cmのマットレスの特徴

厚さ20cm程度あれば、スプリングマットレスだとしてもコイルに当たる感触を低減しやすい厚みです。

体圧分散しやすいスプリングマットレスを選ぶと、腰や肩に悩みがある人も快適に眠りやすくなります。

厚さ20cm程度のスプリングマットレスを使用する際には、耐久性が優れたものを選ぶようにしましょう。

耐久性が低いと継続して使用するうちに、コイルが身体に当たって不快感を感じる可能性があります。

ウレタンフォームのマットレスの場合、厚さ20cm程度あれば多くの人が快適に眠れる厚みです。

厚さ~30cmのマットレスの特徴

厚み30cm程度のマットレスになると、ほとんどがスプリングマットレスです。

8~10年程度利用できる高級マットレスが多い傾向にあります。

快適な寝心地が期待できるだけでなく、通気性や耐久性にもこだわったマットレスが多いです。

品質やお手入れ方法に問題がなければ、8~10年程度の長期にわたって快適に利用できます。

厚み30cm程度のマットレスを快適に利用するにはどうすればいい?

厚み30cm程度のマットレスを快適に利用するには、カビや劣化を防ぐお手入れが大切です。

長持ちさせるためにも、直置きでの使用は控えましょう。

湿気が溜まらないように、ベッドフレームや布団乾燥機を使用することも大切です。

厚み30cm程度のマットレスは、高級なマットレスを長く利用したい人におすすめです。

厚さ30cm以上のマットレスの特徴

厚さ30cm以上のマットレスとは、スプリングマットレスが一般的です。

一般的な厚みのマットレスと比較すると寝心地や耐久性などの性能も向上します。

厚さ30cm以上のマットレスは、ほとんどが高額な傾向にあることも特徴です。

ロールちゃん
ロールちゃん

とにかく性能にこだわったマットレスがほしいなら厚さ30cm以上で間違いなしってこと?

価格に見合った性能のマットレスを利用するには、素材や構造を確認することも大切です。

厚さ30cm以上のマットレスのなかには、不要な詰め物がなされている場合があります。

素材や構造を確認して問題がなければ、厚さ30cm以上のマットレスを選びましょう。

NELL(ネル)マットレスのサイズの種類と選び方を徹底解説!

NELLマットレスは厚み21cmで、横幅95cm~190cmまでのサイズを展開していることが特徴です。

分厚いマットレスではありませんが、体圧分散にこだわった仕様で多くの人が快適な寝姿勢を維持できる傾向にあります。

NELLマットレスは、体圧分散力に直結する1,734個のコイルが内臓されています。

頭・腰・足の各部位に適した硬さのコイルが配置されており、不調を抱える人も快適な寝姿勢を維持しやすいことが魅力です。

以下の記事ではNELLマットレスのサイズについて、より詳しく解説しています。

NELLマットレスのサイズをより詳しく知りたい方は、ぜひご覧ください。

NELL(ネル)マットレスのリアルな評判は?おすすめできる人とできない人も解説

>>NELL(ネル)マットレスのリアルな評判は?おすすめできる人とできない人も解説

NELL(ネル)マットレスはサイズ変更や交換はできる?

ここからは、NELLマットレスのサイズ変更や交換について解説します。

返品の流れについて

NELLマットレスには120日のフリートライアル期間があります。

トライアル期間内なら梱包などの手間がなく無料で返品することが可能です。

NELLマットレスの返品の流れ
  1. お問い合わせフォームから返品に関する連絡をする
  2. 返品に関するアンケートに答える
  3. 指定期日に作業員にマットレスを回収してもらう
ロールちゃん
ロールちゃん

ノーリスクで返品できるなんて、凄い!

サイズ変更および返品は120日以内なら可能なため、NELLマットレスの購入で迷っている方は参考にしてみましょう。

期間限定で全サイズ15%OFF実施中!

今すぐNELL マットレスの詳細を見る

今なら『 先取りサマーSALE 』でNELLマットレスが全サイズ15%OFF!

クーポンコード「sakidorisummer2024
※期間:2024年5月24日(金) 12:00~6月30日(日) 23:59

ロールちゃん
ロールちゃん

今なら『 先取りサマーSALE 』で全サイズ15%OFFで買えるよ!

クーポンコードは必ず入力してね!

NELL(ネル)マットレスの厚さを活かせるフレーム

ここでは、NELLマットレスの厚みを活かせるベッドフレームを紹介します。

すのこフレームを選択する

NELLマットレスは、比較的厚みのあるマットレスです。

カビや劣化を予防するには、隙間のあるすのこフレームがおすすめです。

隙間のあるすのこフレームは通気性に優れるため、耐久性を活かして利用できます。

ローベッドか脚付きのフレーム

ローベッドや脚付きのフレームを選ぶ場合、高さが低いものがおすすめです。

メンテナンスしやすく、厚みによる安定感を活かせます。

快適に利用するためにも、高さが低いローベッドまたは脚付きのフレームを選びましょう。

2段ベッドとロフトの利用は絶対にNG

NELLマットレスは、2段ベッドやロフトでは使用してはいけません

高い場所で使用すると、天井との近さで圧迫感が生じます。

さらに、ロフトに直置きすると通気性の悪さによって劣化しやすくなるためです。

長持ちさせるためにも、2段ベッドやロフトでの使用は控えましょう。

NELL(ネル)マットレスで睡眠を快適にしよう

この記事では、NELLマットレスの厚みとマットレスの厚みごとの特徴を解説しました。

マットレスの厚みは寝心地に影響する部分ではあるものの、長く快適に利用するにはメンテナンスのしやすさも考慮する必要があります。

なぜなら、いくら高級なマットレスを利用するとしてもメンテナンスを怠ると長持ちしないためです。

ロールちゃん
ロールちゃん

寝心地とお手入れしやすさがイイ感じのところを選ぼう!

NELLマットレスは、厚みが21cmです。

耐久性や体圧分散力などの性能にこだわっており、快適な寝心地とメンテナンスのしやすさの両立を目指せます。

NELLマットレスは120日間のフリートライアル期間内なら、連絡のみで返品が可能です。

期間内で自分にあうかどうかを見極めてから本当に購入するかどうかを検討できます。

快適な寝心地とメンテナンスのしやすさの両立が目指せるNELLマットレスを試してみましょう。

期間限定で全サイズ15%OFF実施中!

今すぐNELL マットレスの詳細を見る

今なら『 先取りサマーSALE 』でNELLマットレスが全サイズ15%OFF!

クーポンコード「sakidorisummer2024
※期間:2024年5月24日(金) 12:00~6月30日(日) 23:59

ロールちゃん
ロールちゃん

今なら『 先取りサマーSALE 』で全サイズ15%OFFで買えるよ!

クーポンコードは必ず入力してね!

店舗名 NELL(ネル)マットレスの厚さを徹底解説!あなたに合う適切なサイズとは?

「最近流行ってるドライヘッドスパって?」
ドライヘッドスパはこんな効果が期待できます。
・抜け毛、薄毛の予防
・首、肩こり、頭痛、眼精疲労の改善
・リフトアップして小顔になる

気になる方はこちらの記事をご覧ください。

>>【医師監修】ドライヘッドスパとは頭皮のもみほぐし!ドライヘッドスパによる7つの効果も合わせて解説

 

現在癒し〜ぷでは「ヘッドスパ講座」を実施しています
・未経験だけどヘッドスパニストになりたい方
・サロンにヘッドスパメニューを追加し単価を上げたい方
は無料相談受付中ですので、お気軽にご連絡下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です