ドライヘッドスパ専門店「癒し〜ぷ」全国に11店舗展開!

【必見】ヘッドスパのおすすめ求人サイト7選!仕事探しのポイントやコツも徹底解説

「ヘッドスパの求人を探したい!」
「どのサイトがヘッドスパの求人探しに適している?」

「条件のよいサロンに受かるコツは?」
などの疑問はありませんか?

せっかく新しいヘッドスパサロンで働くのであれば、少しでも給与条件や職場環境がいい場所を選びたいですよね。

自分好みの条件で働けるサロンで採用されるためには、応募のコツをしっかりと把握しておくことが大切です。

そこでこの記事では、

  • おすすめの求人サイト
  • 求人探しのポイント
  • 応募のコツ
  • 採用率を上げる方法

を紹介します!ヘッドスパの求人を探している方は、ぜひ参考にしてみてください!

ヘッドスパのおすすめ求人サイト7選

こちらでは、ヘッドスパのおすすめ求人サイトを7つ紹介します。

おすすめ求人サイト7選
  1. HOT PEPPER Beauty:業界最大級の求人数
  2. Indeed:世界No.1の求人検索エンジン
  3. 求人ボックス:株式会社カカクコム運営
  4. リジョブ:美容・リラクゼーションの求人サイト
  5. 美プロ:美容業界専門
  6. タウンワーク:日本最大級の求人サイト
  7. QJ agent:美容業界専門の転職サポート

それぞれ詳しく解説するので、参考にしてみてください!

1.HOT PEPPER Beauty:業界最大級の求人数

参考:HOT PEPPER Beauty 
掲載数:1172件(関東エリア)2022年10月時点

国内最大級のヘアサロン・リラク&ビューティーサロン検索・予約サイトであるHOT PEPPER Beautyでは、求人情報も掲載しています。

リラクゼーション・美容のサロンに特化していて、業界最大級の掲載数が特徴です。

サイト自体も使いやすいのが魅力で、カテゴリーから自分に合った職種を簡単に探せます。ヘッドスパの求人数も非常に多く、仕事探しに利用しやすいサイトです。

2.Indeed:世界No.1の求人検索エンジン

参考:Indeed
掲載数:1812件(東京都)2022年10月時点

Indeedは、世界No.1の求人検索エンジンです。掲載数が非常に多く、ありとあらゆる分野の求人情報を確認できます。

ヘッドスパの求人数も豊富に掲載されていて、理想の職場を探しやすいサイトです。

国内でも多くのユーザーがいることから、企業側もIndeedの利用に積極的です。そのため、さまざまなサロンや企業の求人が探せます。

3.求人ボックス:株式会社カカクコム運営

参考:求人ボックス
掲載数:2802件(関東エリア)2022年10月時点

求人ボックスは、食べログや価格.comの株式会社カカクコムが運営している求人サイトです。

その特徴は、とにかく使いやすいサイトデザイン。ユーザーファーストなサイトなので、直感的に仕事を探せます。業種や働き方を細かく簡単に設定できるので、ストレスなく求人情報を見つけられるのがメリットです。

ヘッドスパの求人情報も非常に多く掲載されているので、好みの職場が見つかるでしょう。

転職やバイト探しのコラムも更新しているので、職探しのポイントを知りたい方にもおすすめです。

4.リジョブ:美容・リラクゼーションの求人サイト

参考:リジョブ
掲載数:289件(東京都)2022年10月時点

美容系の仕事探しに特化している求人サイトがリジョブ美容・治療・リラクゼーションの求人情報のみを掲載しているので、ヘッドスパの募集を探しやすいです。

例えばヘッドスパのお店で働きたいなら、働きたい県名を選択して職種は「セラピスト」を選択して検索してみてください。

また、求人情報を掲載する企業側も、理想の人材を探しやすいため多くのサロンが利用しています。

リジョブで仕事が決まるとお祝い金ををもらえるキャンペーンなどもあるため、ぜひ試してみてください。

5.美プロ:美容業界専門

参考:美プロ
掲載数:99件(東京都)2022年10月時点

美プロ美容業界専門の求人サイト。美容業界特化型のサイトなので、ヘッドスパやセラピストの求人を探しやすいのが特徴です。

3分で応募できる簡単応募などもあり、忙しい人でも気楽に利用できます。掲載数は他のサイトと比べると少ないですが、案件の見つけやすさはピカイチです。

他にも「美プロPLUS」という情報サイトで美容業界のさまざまな知識について紹介しているので、働くのが不安な人も安心できます。

6.タウンワーク:日本最大級の求人サイト

参考:タウンワーク
掲載数:7件(東京都)2022年10月時点

タウンワークはアルバイト・パート情報を網羅している日本最大級の求人サイトです。

特徴はアルバイト・パートに特化していること。他サイトでは社員の求人が多いため、アルバイトやパートを希望している方はタウンワークの利用がおすすめです。

気軽に働ける職場を探している人は、理想のサロンが見つかるかもしれません。

7.QJ agent:美容業界専門の転職サポート

参考:QJ agent

QJ agentは普通の求人サイトではなく、美容業界に特化した転職サポートサービスです。

来社・履歴書が不要で簡単に応募できるのが最大の特徴。企業やサロンとのやり取りを代行してくれるので、気楽に仕事探しができます。

また、条件を伝えるとそれに合った求人情報を教えてもらえるので、忙しい人にも最適です。基本的には美容師向けの求人が多いですが、ヘッドスパの取り扱いもあるため、まずは無料相談を進めてみてください。

ヘッドスパの求人を見つける3つのポイント

仕事探しをしていると、なかなか理想の求人情報を見つけられないと感じている人もいるでしょう。

こちらではヘッドスパの求人を見つけるポイントを3つ紹介します。

求人を見つけるポイント
  1. 募集が多いサイトを選ぶ
  2. ヘッドスパに特化したサイトを使う
  3. お店に直接応募する

それぞれ解説するので、求人探しの際は参考にしてみてください。

1.募集が多いサイトを選ぶ

求人情報の掲載が多いサイトを選ぶと、理想の職場を見つけやすいです。当然ですが、そもそもの募集が少ないと条件に合う求人と出会える可能性が低くなります。

求人サイトに掲載されているヘッドスパの募集が多いほど、自分に合った求人を見つけられるでしょう。

上記で紹介している7つのサイトは、掲載数が多く使いやすいものばかりなので、ぜひ利用してみてください。

2.ヘッドスパに特化したサイトを使う

ヘッドスパに特化しサイトを使うと、求人を見つけやすくなります。求人サイトの多くはさまざまな分野の仕事が募集されているので、ヘッドスパの求人が少ないものも。

具体的には、美容・リラクゼーション特化しているサイトを使うとヘッドスパの求人を探せます。

HOT PEPPER Beauty」や「リジョブ」などは美容系の求人に特化しているので、ヘッドスパを仕事にしたい方におすすめです。

3.お店に直接応募する

なかなか求人が見つからないときは、サロンに直接連絡をして応募してみるのも1つの方法です。

ヘッドスパなどのサロンではホームページに採用情報を載せているお店もあります。多くの場合、メールに履歴書を添付すれば応募ができるので、働いてみたいサロンを見つけたら積極的に連絡してみましょう。

求人サイトでは募集をしていなくても、随時採用を受け付けているサロンがあるので、気になったら問い合わせしてみるのがいいですね。

例えば全国に10店舗展開するドライヘッドスパ専門店「癒し〜ぷ」では、以下のような求人募集ページが用意されています。直接お店のスタッフとコンタクトが取れるケースもあり、採用率がアップする可能性もあるかもしれません。

>>癒し〜ぷの求人募集ページ

求人に応募するときの5つのコツ

ヘッドスパの求人に応募するとき、採用率を上げるコツがあります。

採用率を上げたい方は以下の5つのコツを参考にしてみてください。

応募するときのコツ
  1. スキルをアピールする
  2. 新着を狙う
  3. SNSをチェックする
  4. 経歴を細かく書く
  5. 人柄はわかりやすく

それぞれ詳しく解説します!

1.スキルをアピールする

条件に合う求人を見つけて応募するときは、必ずスキルをアピールしましょう。

ヘッドスパサロンは即戦力を求めているところも多いため、スキルがあることで働き口が大きく広がります。また施術の技術だけでなく、接客経験も重要なポイントです。

どのようにスキルを身につけたのか、保有資格はあるかなど、細かく丁寧に記載しましょう。

仮にまったく実務経験がない場合は、勉強していることや職に対する意識など、アピールできる部分を作ると採用率が上がります。とはいえまったくの未経験から採用されることは難しいため、まずはスクールや講座などでスキルを身につけることも視野に入れておきましょう。

2.新着を狙う

採用率を上げるコツの1つに、新着の募集を狙うというものもあります。

新着の募集は、サロンが人手を欲しているタイミングかつ競争率が低いケースが多いので、採用されやすい点がメリット。日頃から求人サイトをチェックしておくことで、自分の理想とする条件のサロンの面接へスムーズに移行できるかもしれません。

いくつかサイトをブックマークしておいて、新着の案件を確認しておきましょう。

3.SNSをチェックする

SNSをチェックするのも、求人に応募するときのコツです。サロンのSNSでは、さまざまな情報が更新されています。

求人サイトを使わず、SNSや自社のホームページだけで採用募集を行っているサロンもあるほどです。さらにサロンによってはお店やスタッフの雰囲気がわかる情報を掲載していることもあるので、働く環境などをより詳しく知れるでしょう。

またInstagramのストーリーズで求人する店舗もあり、急募の求人情報が流れてくることも。双方が噛み合えばすぐに働けるかもしれないので、気になるお店をフォローしておくといいかもしれません。

4.経歴を細かく書く

採用率を高めるためには、経歴を細かく書くことも意識しましょう。ヘッドスパと全く関係のない経歴だとしても、記載するのがおすすめです。

これまで何をしてきた人なのか、なぜヘッドスパを仕事にしたいのかがわからないと、サロン目線では採用しづらいでしょう。

働く理由があると安心して雇用できるので、経歴や自分の考えなどを詳しく書くことをおすすめします。

5.人柄はわかりやすく

人柄をわかりやすく伝えるのは、求人に応募するときのコツです。特にヘッドスパはお客様と1対1でコミュニケーションを取る仕事なので、愛想や対応がよいかどうかは厳しくチェックされます。

書類の段階でもあなたの人柄がわかるように、性格面についてしっかりと記載しておきましょう。もちろん面接でも、人柄のよさをアピールすることは大切です。

ヘッドスパサロンへ採用されるためにはスキルを身につけることが肝心

求人に通りやすくするためのコツはいくつかありますが、やはり採用率を高めて理想の職場を見つけるには、スキルが大切です。スキルがない状態とある状態では、希望する職場に採用される可能性が大きく変わります。

さらに技術があれば、将来的に独立してひとりでサロンを運営するなど、選択肢の幅を広げることも可能です。

ヘッドスパのスキルを身につけるなら、セラピスト養成スクールに通うのがおすすめ。講師から直接教わることで正しい知識と、適切な技術を学べます。

全国でドライヘッドスパ専門店を複数運営する「癒し〜ぷ」が提供している癒しヘッドスパニストスクール」なら、最短3日で店舗で実際に使っている技術が身につきます

ドライヘッドスパは水を使わないため、美容師などの資格は不要。さらにスキマ時間にも施術を受けられるため、サラリーマンを中心として需要が高まっている職業です。

スクール生の採用にも力を入れているため、ヘッドスパの技術を身につけて新しい就職先を見つけたい方は、ぜひ受講を検討してみてください。

癒しヘッドスパスクールの受講内容を確認する

スクールの詳細な説明が知りたい方は、以下の記事も参考にしてみてください。
>>【最短3日】癒しヘッドスパニストスクール『癒し〜ぷ』の技術を学びませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です