大好評!ギフトにもおすすめ「ホットアイマスク」の購入サイトはこちら

女性のひとり起業について解説!おすすめの職種をランキング形式で紹介

「女性ひとりでも起業できる?」
「おすすめの職種は?」
「起業する際の注意点は?」

こんなお悩みにお答えします。

女性に限らずひとりで起業することは、分からないことばかりで不安ですよね。どんな職種で始めればいいか悩んで、動き出せない人も多いでしょう。

しかし、知識をつけて自分にあった職種を選べれば、起業が成功しやすくなります。

この記事では、ひとり起業の基本情報や、おすすめの職種ランキングを紹介。成功させるためのコツ注意点もあわせて解説します。

将来は起業をしたいと考えている女性の方は、必見の内容です。

ぜひこの記事を参考に、女性のひとり起業を始めてみてください。

この記事の監修者
前田 晃介
癒しテック代表取締役

ひとり起業についてサクッと30秒で解説

ひとりで起業をするには、2つの方法があります。

ひとり起業の方法
  • 個人事業主:税務署に開業届を提出する
  • 法人設立:法務局に法人登記の手続きをする

個人事業主は開業届を提出するだけで起業できて、すぐに仕事を始められます。お手軽に起業できる一方、利益が大きい場合には高い税金を納めるデメリットもあります。

法人設立は、個人事業主に比べて起業に必要な作業が多いです。

登記申請書類を作成して法務局に提出するだけではなく、会社のルール決めや、社会保険の加入手続きもあります。費用も数百万円程度かかります。

その分、社会から信用されやすくなったり、利益が大きい場合には節税の効果があったりとメリットもあります。

初めての起業なら、小さく個人事業主から始めるのがおすすめです。仮に失敗してしまっても、大きく損失が発生することはないです。

年間で800万円以上の利益が見込める場合には、法人設立を検討してみてもいいでしょう。

女性のひとり起業がおすすめな理由3選

新しくビジネスを始めようと考えた際に、ひとりで起業することは非常におすすめです。

なぜそういえるのか、こちらではひとり起業がおすすめな3つの理由について解説していきます。

ひとり起業がおすすめな理由
  1. リスクが低い
  2. 収入の上限が無限大
  3. 自由度が高い

それぞれ詳しくみていきましょう。

1.リスクが低い

ひとり起業の場合、少ない資金で開業できるため低リスクで始められます。

個人事業主として開業届けを出すだけなら、一切費用はかかりませんさらに自宅で開業をすればオフィスも不要。事業によっては0円で仕事を開始できます。

開業資金が不足しそうな場合でも、補助金や助成金を利用すれば負担を軽減可能です。助成金なら条件を満たせば、誰でも返済が必要ない支援金を受け取れます。

従業員を雇ったり、事務所や店舗を借りたりする必要がないため、固定費を抑えられるのも魅力のひとつです。

女性起業の助成金については関連記事「【2022年】女性起業家は助成金を使おう!自分にあった助成金を探す方法も紹介」にて詳しく解説しています。助成金以外の資金調達の方法も紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください!

2.収入の上限が無限大

起業した場合、会社員とは違い働いた分だけ収入を上げられます。

稼いだ分だけ自分の収入を増やせるため、上限がないです。年収が1,000万円を超える20代の個人起業家も、数多くいます。

どんなに成果を上げても、なかなか昇給できない会社員とは違い、努力した分だけ収入があがるのでモチベーションを高く維持しやすいです。

年齢や性別に関係なく、収入の上限がないのは嬉しいですね。

3.自由度が高い

ひとりで起業をした場合、働く場所と時間に制限がないため、自由度が高いです。

育児や介護があれば働く時間を短くしたり、収入を増やしたければ休みなく働いたりできます。祝日や長期連休などを避けて、平日で自由に休暇をとることも可能です。

また、仕事内容も自分で決められるので、苦手な単純作業を外注化して任せることもできます。自分の好きなことに集中して、楽しみながら仕事を行えるでしょう。

女性のひとり起業におすすめの職種ランキング

女性がひとりで起業をする際に、どんな職種で始めればいいか迷う人は多いです。

こちらでは、女性のひとり起業におすすめの職種をランキング形式で解説します。

おすすめランキング
  1. サロン開業
  2. 講師業
  3. 物販
  4. ITスキルを活かした事業

自分にあった職種を探してみてください。

1位:サロン開業

サロンを開くひとり起業は、女性にもっともおすすめする方法です。

顧客のなかには、なるべく男性に触れられたくない女性が一定数いるため、女性セラピストのほうが需要があるといえます。1回あたりの施術費用も高く、売上をたてやすいです。

サロンの例
  • ネイルサロン
  • エステサロン
  • マツエクサロン
  • ドライヘッドスパサロン
  • マッサージ など

高額な設備導入や店舗を構えなくても、スキルさえあれば自宅で開業できます。

資格が不要なものもあるので、ひとりでの起業もしやすいでしょう。

2位:講師業

自分の経験やスキルを教える講師業も、ひとり起業におすすめです。

自宅の一部や施設をレンタルすれば、固定費もかからず気軽に始められます。

講師業の例
  • 料理教室
  • 子育てセミナー
  • ヨガレッスン
  • 子供の学習塾
  • 英会話教室 など

また、ココナラタイムチケットのようなサービスを利用すれば、誰でも簡単に日本中の人に教えられます

自身の強みを見つけて、講師業を始めてみてください。

3位:物販

商品を安く仕入れて販売し、差額で稼ぐ物販ビジネスもおすすめです。

希少価値の高いものを高額で売る転売ヤーと勘違いされることが多いですが、ここで紹介する物販は違います。

一般の方が購入しにくい海外の商品や、地方で売れ残っている安い商品を全国に販売する方法。値段を釣り上げず、商品を仲介するようなイメージです。

また、ハンドメイドのように自分で商品を作って販売する方法もイチオシアクセサリーや雑貨などを作って販売し、月に100万円以上稼いでいる人もいます。

スキルがなくても始められる物販で、ひとり起業を始めてみましょう。

4位:ITスキルを活かした事業

パソコンで自身のITスキルを活かして稼ぐ方法もあります。

パソコンさえあれば始められるので、初期コストや固定費が非常に安いメリットがあります。

ITスキルを活かした稼ぎ方
  • プログラマー
  • Webデザイナー
  • Webライター
  • 動画編集 など

稼ぐためには高いスキルが求められますが、人によっては月に数百万円稼げる場合もあります。

また、スキルを活かして仕事を受注する以外にも、ブログやYouTubeなどを使って、自分の力だけで売上をたてることも可能です。

これからの時代で成長していくであろうIT関係での起業は、大きく稼げるチャンスが広がっているでしょう。

女性のひとり起業を成功させるための4つのコツ

ひとり起業を成功させて、利益をどんどん拡大したいですよね。

こちらでは、女性のひとり起業を成功させるコツを3つ解説していきます。

ひとり起業成功のコツ
  1. 好きや得意を活かす
  2. 人脈を広げる
  3. スキルや知識を学び続ける
  4. フランチャイズに加盟する

それぞれ詳しくみていきましょう。

1.好きや得意を活かす

好きや得意を活かして起業することが、成功するためには大切です。

モチベーションも維持しやすく、意欲的に仕事に取り組みやすくなります

好きや得意を活かした仕事
  • 料理が得意だから料理教室を開く
  • 文章の読み書きが好きだからWebライターをする
  • 美容が好きでサロンを開く など

もし、好きや得意がないと思っている方は、女性ならではの強みを活かしてみてください。サロン経営なら、女性ならではの美的感覚や、お客様へ安心感を与えやすいことを強みに起業できます。

自分の好きや得意を理解して、起業に活かしましょう。

2.人脈を広げる

ひとりで起業をするといっても、周りとの人脈を広げることは重要です。

仕事を獲得しやすくなったり、悩みを相談したりできます。ビジネスチャンスに繋がる情報交換もできるので、積極的に人脈を広げましょう。

周りに起業をするような人がいないときには、以下のような方法を試してみてください。

人脈を広げる方法
  • セミナーに参加する
  • SNSを利用する
  • オンラインサロンに参加する など

また、起業に関係するスクールに通うことで、より身近な仲間を見つけられます。

ひとり起業は孤独になりがちなので、人との繋がりは大切にしましょう。

3.スキルや知識を学び続ける

ひとり起業で稼いでいくためには、スキルや知識を学び続ける必要があります。

専門知識をすでに持っていても、成長できなければ稼げなくなっていきます。最新情報やトレンドなどをインプットしていき、仕事に活かしていくことが大切です。

スキルや知識を高める方法
  • 書籍を読む
  • 動画を見る(YouTubeやUdemy)
  • スクールに通う
  • セミナーに参加する

また、集客や販売といったスキルがなければ、売上をたてることも困難。ひとり起業では、マーケティングスキルを身につけことが重要です。

仕事をする時間も大切ですが、スキルや知識を高めるための勉強時間も確保しましょう。

4.フランチャイズに加盟する

フランチャイズ加盟をすることで、認知されたブランドやビジネスモデルを活用でき、起業時のリスクが減少します。

フランチャイズ本部のサポートとトレーニングにより、必要なスキルや知識が身につけられます。ひとりでゼロから事業を立ち上げるよりも遥かに軌道に載せるスピードは早くなります。

フランチャイズ加盟の業界例
  • 美容/ヘッドスパサロン
  • 学習塾
  • 飲食店
  • 買取サービス
  • レンタカー

ドライヘッドスパを全国にフランチャイズ展開している癒し〜ぷは、本部の体制も利用しながらご自身の経営スキルをつけていける環境です。詳しくは次の記事をご覧ください。

>>【癒し〜ぷ】FC加盟でヘッドスパ専門店開業の6ステップ!失敗しない戦略も解説

他にも、レンタカー業界も手堅い収益を生み出せるため人気のフランチャイズ業界です。

中長期利用に特化したカルノリレンタカーは外部要因に左右されずに安定した収益を生めるため、リスクを小さく始めたい方にとってもおすすすめです。

女性がひとりで起業するときの3つの注意点

起業と聞くと、成功しにくいイメージを持つ人も多いですよね。

こちらでは、女性がひとりで起業するときの注意点を3つ解説します。

ひとり起業の注意点
  1. 結果が出るまでに時間がかかる
  2. セルフブラックになりがち
  3. 許可や資格が必要な場合がある

それぞれ確認していきましょう。

1.結果が出るまでに時間がかかる

起業して成果を出すまでには、時間がかかるものです。

商品を作り、お客様の認知度を高めて販売していくには、2、3ヶ月以上の時間がかかることが多いです。状況によっては、1年以上結果が出ないときもあります。

未経験の状態から始めるのであれば、開業初月から大きく稼げるものではないと考えておきましょう。

よって最低限の生活費は、違う収入源や貯金で賄えるようにしておくことが無難です。

なお過去に勤めていた会社のコネクションを使って顧客を集めれば、初月からある程度の収入を得ることも可能です。例えばネイルサロンやエステサロンのように、指名の顧客がいる場合は、独立後も引き続き施術をお願いされる可能性があります。

完全未経験の場合はコネクションは使えないため、しっかりスキルを身につけて、徐々に認知を拡大できるような施策を行っていきましょう。

2.セルフブラックになりがち

ひとり起業は、働きすぎてセルフブラックになりがちです。収入が不安定なため、仕事を減らすことを恐れてしまう人が多いです。

せっかく休んで旅行に出かけても、仕事が気になったり連絡がきたりして、楽しめずに終わってしまうこともあるでしょう。プライベートと仕事の区別がつかなくなり、休息がとれない状態になることもあります。

また、自分の代わりがいないため、体調不良でも働く場合もあります。

無理をして仕事をしても継続できないので、心にゆとりをもてるように働いていく工夫が大切です。

3.許可や資格が必要な場合がある

起業する職種によっては、許可や資格が必要が場合があります。

起業で許可や資格が必要な例
  • 物販で中古品を取り扱う場合は、古物商が必要
  • 医療行為になるマッサージには国家資格が必要
  • まつ毛サロンには、美容師資格が必要 など

知らなかったでは済まされず、罰金や懲役になることもあります。

気軽に始められる起業でも、資格や許可が必要な場合があるので必ず確認しましょう。

起業におすすめのバーチャルオフィス2選

女性が一人で起業するときには、固定費が抑えられるバーチャルオフィスがおすすめです。

バーチャルオフィスでの開業は他にもこんなメリットがあります。

一人で起業でするときにバーチャルオフィスを使うメリット
  1. 自宅の住所を公開せずに開業できる
  2. フィスを借りるよりも初期費用が抑えられる
  3. 東京の一等地に登記することで信頼感と安心感を獲得できる
  4. 契約期間や解約条件が柔軟でリスクを抑えられます
  5. 会議室の利用や法人設立支援、税務会計業務のサポートなどがある

本項では、起業におすすめのバーチャルオフィスを紹介していきます。

ナレッジソサエティ

あなたが起業家として成功するためのパートナーになる『ナレッジソサエティ』。

ナレッジソサエティ』は、東京都千代田区九段に位置し、九段下駅から徒歩30秒の圧倒的な利便性を誇ります。

また、ビジネスの信頼性を高めるため、銀行ビルに法人登記が可能

その他、宅配便転送や受付対応などのビジネスに必要なサービスを一手に提供しています。

ぜひビジネスの拠点としてだけでなく、成長のためのリソースとしてナレッジソサエティ』を活用してみてください。

Virtualoffice1

バーチャルオフィス1』は、起業を目指す女性の方にとって理想的なオフィスサービスです。

自宅の住所を公開せずにビジネスを始めることができ、プライバシーをしっかり守ることができます。

また、オフィスを借りるよりも初期費用を抑えられ、月々の家賃も非常に経済的。

さらに『バーチャルオフィス1』では、会議室の利用や個人契約から法人契約への切り替えが無料で行える点も魅力です。

法人設立や税務会計業務に関するサポートも提供されているバーチャルオフィス1』は、有力なパートナーとなることでしょう。

女性のひとり起業におすすめのドライヘッドスパを3日で学べるスクール

女性でひとり起業をするなら、ドライヘッドスパサロンの経営がおすすめです。

水を使わない施術なので資格が不要で、女性のセラピストを求めるお客様も多いです。施術に力が必要ないため、女性や高齢の方でも働ける点も魅力。
短時間で施術ができるうえにリフレッシュ効果が高いので、サラリーマンを中心に人気が高まっています。

ドライヘッドスパサロンのスキルを身につけるなら、3日間で学べる「癒しヘッドスパスクール」がイチオシです。

癒しヘッドスパスクールの特徴
  • 未経験でも最短3日で技術を習得可能
  • 解剖生理学に基づいた独自技術
  • 定員3名の少人数クラスで学習
  • 他のスクールより費用が安い
  • 技術に不安があれば終了後にもサポートを実施

スクール利用で、転職はもちろんのこと起業もできます。開業費用も安いため、低リスクで始められます。

申し込みには、メールの他にLINEでも行っています。疑問点や不明点などの質問にも対応しているので、気軽に問い合わせてみてください。

癒しヘッドスパスクールの受講内容を確認する

詳しいスクールの情報は、以下の記事で解説しています。
>>【最短3日】癒しヘッドスパニストスクール『癒し〜ぷ』の技術を学びませんか?

現在癒し〜ぷでは「ヘッドスパ講座」を実施しています
・未経験だけどヘッドスパニストになりたい方
・サロンにヘッドスパメニューを追加し単価を上げたい方
は無料相談受付中ですので、お気軽にご連絡下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です