大好評!ギフトにもおすすめ「ホットアイマスク」の購入サイトはこちら

セラピストに向いている人の特徴は?向いていない人の特徴や資格の必要性も解説

こんな悩みを抱えていませんか?
  • セラピストに興味があるけど、私って向いているのかな?
  • セラピストに向いていない人ってどんな人?
  • セラピストに資格って必要?

このような悩みを抱えるあなたに、セラピストに向いている人・向いていない人の特徴や資格の必要性について分かりやすく説明しています。

セラピストに向いている手の特徴についてもまとめているので、是非参考にしてください。

ロールちゃん
ロールちゃん

セラピストは人を癒すやりがいのある仕事だよ!

未経験者大歓迎!

癒し〜ぷの求人に応募する!

セラピストに向いている人の特徴

セラピストに向いている人の特徴は大きく6つ。

セラピストに向いている人の特徴
  • 人とのコミュニケーションが好き
  • 心も身体も健康的
  • 包容力がある
  • スキルアップする向上心がある
  • 体力に自信がある
  • 人のために何かをしてあげることが好き
  • 自立心がある

では、順番に詳しく解説していきますね。

人とのコミュニケーションが好き

コミュニケーションが好きな人はセラピストに向いています。

来店されるお客様はストレスを溜め込んでいる人も多いため、心の疲れをコミュニケーションで癒すことができると喜ばれます。

人と話すことが好きな人、人の話を聞くことが得意な人はセラピストに必要なコミュニケーション能力が備わっているといえます。

心も身体も健康的

心が健康的で精神的に余裕があることは、お客様の悩みや愚痴を聞く上で重要です。

ネガティブな話を聞いても気持ちを切り替えられる人、笑顔が多い人はセラピストに向いていると言えます。

また、身体の健康が保たれていることもセラピストをする上で重要です。

お客様の身体に触れて癒しを提供することが仕事なのに、自分自身が不健康だと説得力がありません。

心も身体も健康的な人は、セラピストに向いていると言えます。

包容力がある

セラピストはお客様の気持ちに寄り添って悩みを聞き、癒しを提供する仕事です。

話していて落ち着く、包容力のある人は相手の悩みやストレスをうまく聞き出すことができます。

逆に自分の話を中心にしてしまう人や、トゲのある話し方をしてしまう人は向いていません。

癒し系の雰囲気があり、包容力のある人はセラピストに向いています。

スキルアップする向上心がある

向上心があり意欲的に学ぶ姿勢がある人はセラピストに向いています。

セラピストに関する知識や技術、新しい機械は日々アップデートされています。

古い知識や技術で止まってしまうと、セラピストとしての成長もそこで止まります。

現状に満足せず、自分からスキルアップする向上心がある人がセラピストに向いているといえるでしょう。

体力に自信がある

サロンで働くセラピストは最低限の体力がないと続きません。

施術時間は30~120分が一般的であり、その間は基本的に立ちながらマッサージを行います。

お客様の多い店舗であれば、一息つく暇もなく次の施術をしなければなりません。

セラピストとして働くには体力が必要なので、普段から体を動かしている人や体を動かすのが好きな人が向いています。

人のために何かをしてあげることが好き

「面倒見がいい」「人のために尽くす」といった、人に何かをしてあげることが好きな人はセラピストに向いています。

お店には身体や心に不調を抱えている人がお客様としてやってきます。

お客様のためになんとか不調を改善してあげたいと思える人の方が、成果を上げやすいことは明白です。

また、自分の施術でお客様が喜んでくれると、仕事のやりがいも感じられて自分の幸福度も上がります。

人のために尽くせる人はセラピストに向いているといえるでしょう。

自立心がある人

セラピストは一対一で施術することがほとんどです。

自分の知識や技術がないという理由で先輩に頼ることができないので、自分自身が成長する必要があります。

「自分がサロンを盛り上げたい」「将来起業したい」などの自立心がある人はセラピストに向いています。

>> セラピストにインタビュー「セラピストに向いてる人

癒し〜ぷの創業者セラピストにインタビュー!未経験者が活躍している理由も解説

未経験者大歓迎!

癒し〜ぷの求人に応募する!

セラピストに向いている人の手の5つの特徴

セラピストとして施術をする上で、手の特徴はとても大事です。

セラピストに向いている手の特徴は大きく5つ。

セラピストに向いている手の特徴
  • 力を加えやすい大きな手
  • 細かい部位にアプローチできる小さな手
  • 筋肉の緊張をほぐせる張りのある手
  • 安心感のある柔らかい手
  • 血流を促進する温かい手

それぞれの手の特徴について、詳しく説明していきますね。

力を加えやすい大きな手

手が大きいと、広範囲に力を加えることができるので、全体を効率よくマッサージできます。

特に背中や太ももなどの広い面をほぐす場合は、大きい手の方が短時間で効率よく、適度な力を加えながらマッサージできます。

全身マッサージなどのメニューに関しては大きな手が向いているといえるでしょう。

細かい部位にアプローチできる小さな手

手が小さいと、細かい部位を丁寧にほぐすことができるのが特徴です。

頭部や手、足などの細かい部位をほぐす場合や、施術部位がピンポイントの場合は小さな手が向いています。

また、小さな手は強い刺激が苦手な人に好まれます。

ヘッドスパやフットマッサージなどの細かい部位を施術する場合は小さな手が向いているといえるでしょう。

筋肉の緊張をほぐせる張りのある手

張りがある手は、筋肉の深い部位までほぐすことができるのが特徴です。

筋肉は身体の表面だけでなく、深層にも存在します。

深層の筋肉は、張りのある手で力を加える方がしっかりとほぐすことができるので、お客様にも満足してもらえるかもしれません。

安心感のある柔らかい手

柔らかい手は、お客様に安心感を与えやすいのが特徴です。

マッサージをする上で、お客様がリラックスできないと十分に筋肉をほぐすことができません。

柔らかく優しい手は、お客様の緊張をほぐし、マッサージの効果も高くなることが期待できます。

血流を促進する温かい手

温かい手は、血流を促進しマッサージの効果を高めるのが特徴です。

筋肉は温めることでほぐれやすくなる性質があるので、マッサージとの相性は抜群です。

加えて手が温かいとお客様に心地よさを提供できるので、リラックスしてもらいやすくなります。

セラピストに向いていない人

セラピストに不向きな人の特徴は大きく4つ。

セラピストに向いていない人の特徴
  • 体力がない人
  • 時間にルーズな人
  • 共感しすぎて疲れる人
  • 安定重視の人

では、向いていない人の特徴について詳しく解説しますね。

体力がない人

セラピストという職種は体力が必要です。

勤務形態や店舗にもよりますが、5~6人の施術を続けて行うことも珍しくありません。

120分のロングコースを施術するとなると、どうしても体力がいります。

そのため、体力に自信がない人は不向きかもしれません。

時間にルーズな人

社会人である以上、時間を厳守することは基本ですが、セラピストはコースの時間設定があります。

施術が早く終われば、お客様の満足度が下がってしまったり、クレームにつながります。

施術が長引けば、次に控えているお客様に迷惑がかかるのでクレームになることもあるでしょう。

その為、施術の時間を守れない人はセラピストに向いていないかもしれません。

共感しすぎて疲れる人

人の言葉や態度に共感しやすい人はセラピストに向いていません。

施術を受けにくるお客様は、心身に疲れが溜まっている人が多いので、会話の中でネガティブな内容が出てきやすいです。

共感力が高い人だと、精神的に疲れてしまったり、お客様と同じ症状を感じることもあります。

他人の言葉や態度、雰囲気に影響を受けやすい人はセラピストをすると苦労するかもしれません。

安定重視の人

セラピストは身体が資本の肉体労働であり、雇用形態や収入もどちらかというと不安定な職業です。

セラピストは歩合制を導入していることが多いので、その月によって指名料やお客様の数にムラがあります。

また、マッサージなどの施術は体力が必要なので、体調を崩してしまうと長く続けられません。

その為、安定を重視する人は向いていない職業といえます。

>> セラピストにインタビュー「セラピストを始めて大変な時期はありますか?」

癒し〜ぷの創業者セラピストにインタビュー!未経験者が活躍している理由も解説

セラピストをやめとけと言われる理由

セラピストはやめとけといわれる理由は大きく3つ。

セラピストはやめとけと言われる理由
  • 体力がないときつい
  • 心身の疲労を抱えているお客様への接客が大変
  • 給料が低く充実した生活ができない

1日数時間立ちっぱなしでマッサージをする仕事なので、体力がないときつい仕事です。

また、お客様は心身に疲労を抱えている人が多いので、ネガティブな発言を繰り返す人もいるでしょう。

給料面に関しては平均年収が270~300万ほどで、ボーナスがでないサロンが多いことも事実です。

こういった情報が、「セラピストはやめとけ」と言われる理由になっていそうですね。

▼セラピストはやめとけと言われる理由を詳しく見る!

セラピストがやめとけと言われる5つの理由は?退職理由や向いている人の特徴も解説

>>セラピストがやめとけと言われる5つの理由は?退職理由や向いている人の特徴も解説

セラピストは資格なしで誰でもなれるのか

セラピストは求人さえあれば資格がなくても働けます。

しかし、施術スキルや接客技術は重要視されるので、働きながらスキルアップしていく必要があります。

自信を持って働くためにも、施術に必要な知識や技術、そしてお客様に喜んでもらえる接客スキルは働きながら身につけましょう。

お客様の満足度が高ければ、資格の有無に関わらず価値のあるセラピストといえるでしょう。

▼セラピストは資格なしでも働ける理由や注意点を詳しく見る!

セラピストは資格なしでも働けるがスキルが重要!理由や働き方・注意点を詳しく解説

>>セラピストは資格なしでも働けるがスキルが重要!理由や働き方・注意点を詳しく解説

未経験者大歓迎!

癒し〜ぷの求人に応募する!

癒し〜ぷではセラピスト初心者でも大歓迎

この記事では、セラピストに向いている人・向いていない人の特徴や資格の必要性について解説しました。

セラピストは楽な仕事ではありませんが、お客様に直接感謝の言葉をいただける仕事であり、とてもやりがいがあります。

セラピストに転職をお考えなら、ヘッドスパ専門店の癒し〜ぷがおすすめですよ。

癒し〜ぷで転職するメリット
  • スタッフに対するトレーニングプログラムが充実している
  • ヘッドスパ未経験でも、働きながら知識や技術を習得できる
  • 独立支援も充実しており、集客や経営のスキルも学べる

ヘッドスパ未経験でも、「働きながらヘッドスパの知識や技術を習得したい」「集客や経営のスキルも身に着けたい」「将来は独立も視野に入れている」どれか一つでも当てはまるなら、ぜひ一度癒し〜ぷにお問い合わせください。

癒し〜ぷの創業者セラピストにインタビュー!未経験者が活躍している理由も解説

未経験者大歓迎!

癒し〜ぷの求人に応募する!

現在癒し〜ぷでは「ヘッドスパ講座」を実施しています
・未経験だけどヘッドスパニストになりたい方
・サロンにヘッドスパメニューを追加し単価を上げたい方
は無料相談受付中ですので、お気軽にご連絡下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です